「FU-P50」実際使用したレビュー!型落ちでもまだ使える理由!

当ページのリンクには広告が含まれています。
「FU-P50」実際使用したレビュー!型落ちでもまだ使える理由!

(スポンサーリンク)

買いたい空気清浄機は決まりましたか?

空気清浄機は、部屋の窓を普段開けっぱなしにしない部屋に大活躍するアイテムです。

現在はたくさんのメーカーから空気清浄機が発売されていて、どのメーカーでどの機種を買おうか正直なところ悩んでしまいますよね。

「最新の空気清浄機が良いのかな?」とか「CMで流れている空気清浄機なら間違いない?」とか「高い方が性能が良くて大丈夫かな?」とか。


私自身、ホコリのアレルギーで悩んでいたので、空気清浄機の機種を選ぶときに相当迷いました。

今回ご紹介する空気清浄機「FU-P50」は、実際に我が家で使用していた機種で、今でも現役で活躍してくれているアイテム!


すでに型落ちとなっている空気清浄機「FU-P50」ですが、実際に使ったレビューと型落ちでも現役でお部屋の空気をキレイにしてくれる理由についてご紹介していきます。

実際に使ったからこそわかるデメリットについてもご紹介していきますので、最後まで読み進めてみてくださいね!

この記事でわかること
  • 空気清浄機「FU-P50」の特徴
  • 「FU-P50」を実際使用したレビュー!メリットとデメリット
  • 型落ちでもまだ使える理由


(スポンサーリンク)

目次

空気清浄機「FU-50」の特徴!

空気清浄機FU-P50の画像

実際に我が家で使用している空気清浄機「FU-P50」です。

空気清浄機「FU-50」の特徴をカンタンにご説明します。

「FU-P50」の特徴
  • プラズマクラスター搭載(花粉などのアレル物質を抑制)
  • スピード循環気流(遠くにあるホコリも素早く集める)
  • HEPAフィルター搭載(0.3µmの粒子を99.97%以上捕集)
  • パワフル吸じん運転(プラズマクラスターを集中的に放出しつつ強力集塵する機能)
  • パネルを外さず掃除可能(プレフィルターのホコリはパネルを外さず掃除機で吸える)
  • フィルター10年交換不要(HEPA・脱臭フィルターの2点)
  • 加湿機能なし

  

シャープ独自の「プラズマクラスター」に魅力を感じて、「FU-P50」を買おうか考えている方も多いですよね!

フィルターはHEPA規格(0.3µmの粒子を99.97%以上捕集)を満たしたり、0.1µmの粒子も99%以上捕集(シャープ自社調べ)する性能を持っているそうです。

花粉やホコリを徹底的に逃さない作りになっているので、シャープの空気清浄機を選んでおけば間違いないでしょう!

出典:シャープ


「FU-P50」のスペックをご紹介します。

発売日2021年 9月 発売
幅×奥行×高さ
(mm)
383×209×540
電源コード長さ
(m)
約1.8
重さ(kg)4.9
本体カラー白色
イオンプラズマクラスター
フィルター静電HEPAフィルター
(交換目安:約10年)
脱臭フィルター
(交換目安:約10年)
清浄時間8畳 / 12分
空気清浄適用床面積約14畳(約23m²)
運転音強52dB
中40dB
静音21dB
1時間あたりの電気代(円)強1.3円
中0.35円
静音0.07円
チャイルドロック無し
空気吸引部分背面
価格17,780円(Amazon)
19,380円(楽天)
購入サイトAmazonでみる
楽天でみる


「FU-P50」実際使用したレビュー!

「FU-P50」のタッチパネル部分です。

実際に「FU-P50」を使用してみた感想は、

あえて高性能の最新を買わなくても、型落ちで十分!

というのが本音です。

この1台だけで、スギ花粉の酷い春先や寝ている夜の時間も快適に過ごせているので、型落ちだからと言って「どうせ大したことないんでしょ?」ってことは全くないですよ!

それでは実際に使って感じた「FU-P50」のメリットとデメリットをご紹介していきますね。


「FU-P50」のメリット

「FU-P50」を実際に使ってみて感じたメリットをまとめました。

  • とにかくホコリが驚くほど取れる
  • 実際に部屋の空気がキレイだと感じられる
  • 寝てるときは「静音」or「おやすみモード」にしておけば快適に眠れる
  • 「花粉モード」でお部屋の花粉が減って空気がキレイになる
  • 操作がカンタンで最初から使いやすい

カンタン操作で花粉もホコリも取ってくれるのが最大のメリットでした!

アトピーが改善するくらい「FU-P50」の効果が絶大ってことですよね!

「静音モード」はこの方もおっしゃってるように、ほぼ無音で本当に動いているのか心配になるくらいですが、きちんと作動しています。

花粉もホコリも「FU-P50」のカンタンな操作で、一気に吸引して欲しい方にぴったりの空気清浄機!

私は特にたくさんの機能を必要としていなかったので、「FU-P50」だけで十分満足できたし、快適な部屋で過ごせるのが最高な毎日です。

「FU-P50」のデメリット

「FU-P50」を実際に使ってみて感じたデメリットをまとめました。

「FU-P50」のデメリット
  • 寝ているとき「自動モード」にすると音がうるさい
  • 料理してる匂いにも反応して消臭しようとする

寝ているとき「自動モード」にすると、何かに反応して「強」になり音がうるさくなるので起きてしまうことが何度かありました。しかし、「静モード」か「おやすみモード」にして解決!


「FU-P50」のデメリットは音くらいで、あとは白い見た目も可愛らしく、部屋に馴染む色なので気に入って使い続けています。

個人的には、スギ花粉の酷い春先は「花粉モード」にして「ブオーーーン!」という音を聞いていると、部屋がよりキレイになっている感覚になるんですよね!

どの空気清浄機も音が出てしまいますが、寝てるときは「静」か「おやすみモード」にしておくと安心して熟睡できます。


型落ちでもまだ使える理由とは?

「FU-P50」は2021年9月発売で、2年前の「型落ち商品」です。

しかしシャープから発売されている新商品とほぼ性能に大差なく、今でも使えることができるんですよね!

FU-S50の画像

出典:シャープ

見た目は全く「FU-P50」と変わりがないですよね!

気になる価格は「FU-P50」の倍の金額になっているので、お得さを求めているなら「FU-P50」が良いでしょう。

まとめ

今回は私が実際に使っている、シャープ空気清浄機「FU-P50」のレビューをご紹介しました。

最新機種が良いのはもちろんなのですが、型落ちしている空気清浄機でも機能面では満足できるモノになっています。

「FU-P50」は思ってるほどサイズは大きくないので、コンパクトにお部屋に設置できるので、狭いお部屋でもすっきりと置けますよ!

今回ご紹介したレビューで、あなたのお部屋の空気がキレイになって快適に生活することができたら嬉しいです。

(スポンサーリンク)

目次